会社設立と税理士

会社設立に当たって、起業家を悩ませるものは、なんといってもお金にかかわる問題です。その点、会社設立におけるお金の扱いに精通した税理士は、とても頼りになる存在になるでしょう。創業時にすぐ税金がかかるわけではありませんが、その先の事業計画も見据えたとき、創業時にはなるべく無駄なお金はかけたくないものです。また、納税は国民の義務ですが、適正な節税は企業活動の成長に欠かせません。節約できたお金を事業活動に回せば、それで人を雇い、商品を開発販売し、利益を上げることができ、やがてはそこから多くの税金を納めることができるようになります。

税理士は私たちの生活にとって意外と身近な存在です。どのような街にも税理士事務所が1件くらいはあるのではないでしょうか。商店街の店主や、建設会社の社長さん、理容店、小売店などは、近所の税理士事務所と顧問契約を結び、確定申告などの事務処理を依頼していることがほとんどでしょう。大手企業も、顧問契約を結んでいる税理士事務所があるはずです。事業形態も様々で、個人事業主として仕事をしているフリーランスもいれば、小さくても株式会社として事業を営んでいる方もいます。それぞれに応じて適用される税制度は同じではありませんし、税率も収入によって違ってきます。さらに年に一度の確定申告の時期は、経営者にとって神経を使う時期でもあります。

では税理士は会社設立に当たって、具体的にどのようなサポートを提供してくれるのでしょうか。本サイトでは、この点に絞って、簡単に説明します。